老朽化の物件はななみ都市開発にお任せ!

所有している老朽化した不動産のお悩みはななみ都市開発までお寄せください。専門家の目からベストな方法をご提案させていただきます。 - 土地や建物を売りたいけれど老朽化している場合どうするの?

土地や建物を売りたいけれど老朽化している場合どうするの?

今、不動産の老朽化によって様々なリスクが考えられることからも国を挙げて再生計画に乗り出しています。
それも、記憶に新しい東日本大震災のような未曽有の大災害などの時に一番に危険にさらされる可能性があるということや、緊急車両の通り道に老朽化した不動産がある場合に救助などの遅れる可能性が示唆されることなども問題になっています。
ななみ都市開発ではそんな老朽化した不動産を再建する相談や売却の手伝いなどをすることで、街ごと活性化を目指して働きかけているのです。

老朽化したアパート大家さんの相談

築年数が経てばたつほど、その不動産価値は下がっていきますし修復にかかる費用も莫大になってきますので借り手もつかなくなってしまいます。
その場合、家賃収入よりも維持費用の方が上回ってしまう事も考えられるためにそのまま放置されてしまう可能性も考えられるのです。
ななみ都市開発ではそのような老朽化したアパートの大家さんの悩みにお答えすることが出来る条件をそろえています。

・アパートを所有して長年家賃収入を得ていた大家さんにとって、老朽化していても大切な資産のひとつであることは変わりありません。
古くなってしまった建物は建て替えることも出来るのですが、その費用は家賃収入では賄えるようなものではありません。
そのような物件でもななみ都市開発では喜んで買取ってくれるそうなのです。
その後の資金運用はお客様の考え方次第ですから、売却をお考えの場合は建物を建て替える前にご相談くださいとのこと。
面倒な相続などの手続きも専任弁護士が相談に乗ってくれます。

一軒家の持ち主様の相談

家族の歴史が詰まった思い入れのある家も、年月とともに立て直さなくてはならない状態になってしまいます。
それは当たり前にいつか来ることのひとつなのです。
子供との思い出が詰まった家を取り壊して建て直すというのも簡単に結論出来るものではないでしょう。
しかし、老朽化した家をそのままにしておくことは様々な問題が出てきます。
一軒家をお持ちの方も是非ご相談いただきたいのは、その物件を売買するにしても業者によってはその取り壊し費用や仲介手数料にばらつきがあるからなのです。
一軒家の物件は老朽化すると近隣とのトラブルになることが多く聞かれます。
それもやはり住み続けるにしても売るにしてもその対策は立てておく必要があるでしょう。
近隣トラブルになった場合も、専任の弁護士が親身にご相談に乗りますのでご安心ください。

古くなった不動産を持っている場合売却をおすすめする場合

マンションやアパートなどの物件を所有して家賃収入を得ているオーナーさんが経営を続けて行く場合には古くなった箇所や物件そのものを建て直したりリノベーションすることによって経営自体を継続していくことは可能です。
しかし、オーナーさんが経営を続けることが困難になった場合、その経営を継いでくれる下の世代がいれば問題ないのですが最近では結婚をせず一生独身でいる人もいらっしゃいます。
その場合、もしもの事態に落ち行ったときにその不動産が誰の手でも動かすことが出来ないというようなことになってしまう場合も無いとは限りませんよね。
子供のために不動産を購入していたはいいがその子供は別で結婚してその不動産を必要としないなどと言う場合も同じです。
次世代に受け継ぐことが難しい場合は、無理に莫大な費用をかけて建て直しをして残すよりも、売却をしてその後の人生に備えておくことも一つの考え方なのでは無いでしょうか。

・しかしながら、不動産は次世代に残せる有益な財産のひとつであることは変わりないのですから、次世代との話し合いはとても重要になってきます。
オーナーさんの多くは次世代への引継ぎを考え始めるのが大体40代から50代が多いというデータがあります。
老後、自分の人生がどのように変わっていくのかを考え始める年齢だからなのでしょう。
次世代に受け継ぎたいのなら、その人の性格などを考慮した話し合いが必要です、人との関りを持つことが多いオーナー業で無理な引継ぎは負担をかけることになります。
その結果、最終的には失敗してしまい苦労をすることになってしまいます。
ただ物件を持っていれば収入が得られるというわけではないのが賃貸経営と言うものですから、まずは次世代の賃貸経営についての興味を知りましょう。

老朽化で心配事が出来てしまうのは、何もアパートやマンション一軒家だけではありません。
国が挙げる老朽化不動産の再建計画には所有者が分からなかったり年老いたオーナーが手つかずにしてしまっている土地や駐車場などもその中に含まれています。
雑木林になっていてその周りが住宅地として開発されているとしましょう、その雑木林は防犯上も景観上でも問題がないとは言えません。
老朽化している不動産はなかなか買い手がつかないものでしょう。
しかし、そのような物件でも売却することは可能ですから、まずは電話相談するか弁護士を通じて相談を持ち掛けてみるのがいいでしょう。

更新情報

最近のコメント

    アーカイブ

    カテゴリー

    • カテゴリーなし